トップ画

外観

日本女流画家の先駆け的存在、洋画家・甲斐仁代(かいひとよ)の画廊
「ギャラリー甲斐仁代」を茨城県常陸大宮市泉に開業しました。
アトリエに静かに眠っていた600点余りの作品の中から
厳選した珠玉の名画たちを常設展示・即売しています。
是非、皆様のお越しをお待ちしております。

タイトル1

2019.12.26
「美術年鑑」(令和2年版)洋画家物故作家に掲載【参考画像
2019.12.26
「美術の窓」(2020年1月版)本ギャラリーの広告掲載【参考画像
2019.12.10
「茨城新聞」(朝刊)に本ギャラリーの記事掲載【参考画像
2019.12.03
”ギャラリー甲斐仁代”オープン
2019.12.01
”ギャラリー甲斐仁代”公式ホームページ開設

内観



タイトル1

東京国立近代美術館に所蔵される甲斐仁代の三作品をご紹介

自画像
「自画像」(1923年)
※石橋正二郎寄贈(昭和50年度)
秋のうた
「秋のうた」(1959年)
※石橋正二郎寄贈(昭和50年度)
よりかかる像
「よりかかる像」(1931年)
※甲斐実寄贈(昭和50年度)